枚方市の認知症予防「いきいきクラス」

暮らしを便利に!脳を元気に!

iPadAndroidタブレット超入門講座

60歳以上大歓迎♪ 「いきいきクラス」を開講!

基本操作はもちろん、昔懐かしい曲を聴いたり、地図で旅行先を調べてみたり

世界が広がりますよ♪

 

「いきいきクラス」とは?


厚生労働省が推進する認知症予防

厚生労働省の「認知症予防・支援マニュアル」では、「有酸素運動」「知的活動」「対人的接触」を主体とした予防活動が推奨されています。この考え方に基づいた下記の4つのプログラムが、東京都の世田谷区や豊島区などの全国の自治体で導入され、予防効果が実証されています。日常生活に役立つことを習得しながら、予防効果が期待できるさらなる取り組みとして、「脳×元気®」プログラムが開発されました。

パソコン教室向け「脳×元気®」プログラムが誕生

本プログラムの特長は、パソコンやタブレットなどをグループレッスン形式で学習していきます。学習した内容を日常生活に役立てながら、認知症になる前に衰える認知機能を鍛え、認知症になりにくい生活習慣を身につけることを目的としています。

生活に役立つ内容 3つの認知機能を鍛える 仲間と一緒に楽しく 週に1度の通学で習慣化
「脳×元気®」プログラムを導入した「いきいきクラス」の特長

地域型認知症予防プログラムの開発者による監修協力

東京大学 高齢社会総合研究機構 特任研究員 矢冨 直美 先生

東京大学 高齢社会総合研究機構 特任研究員 矢冨 直美 先生

地域型認知症予防プログラムの主たる開発者であり、厚労省の認知症予防・支援マニュアルの中心的執筆者。「脳×元気®」プログラムにおいては、プログラムの設計開発を監修。

※役職は当時のものを掲載しております。


研究機関との連携「脳×元気®」プログラムの効果を実証

東海大学情報理工学部コンピュータ応用工学科 教授 浅川 毅 先生

東海大学情報理工学部コンピュータ応用工学科 教授 浅川 毅 先生

早期認知症の発見を目的とした診断支援システムなど、医工学分野での研究実績多数。浅川先生の指導のもと、2014年5月開催の「第8回ITヘルスケア学会年次学術大会」では、「脳×元気®」プログラムの効果を実証した論文を発表。


中高年専門のオリジナルテキスト

大きな文字のフルカラーテキストで、操作手順が分かりやすく解説されています。

中高年専門パソコン教室の現役インストラクターが開発。

地域型認知症予防プログラムの開発者である矢冨先生による監修協力のもと、認知症予防に特化した課題を収録。

中高年専門のオリジナルテキスト

少人数制のグループレッスン

認知症予防につながる「人との関わり」を重視したグループレッスン形式で授業が進みます。週に1回、顔なじみの仲間との会話を楽しみながら、新しいことをたくさん学習していきます。認知症予防活動支援士の資格を持つ講師が、丁寧に対応いたします。

少人数制のグループレッスン

レッスン内容


暮らしに役立つiPad・Androidタブレットの便利な活用法を楽しく学習しながら、「認知症になる前に低下する3つの機能」を鍛えましょう。

入門コース(基本操作&文字入力、インターネット入門)
基礎コース(メール&FaceTime、アプリを楽しもう、旅行計画を立てよう)

 

レッスン料金


◆入会金5,000円(税込)

◆月謝10,800円(税込)

 月4回(毎週1回100分)

 ※休校日で、月3回の場合は、月謝8,100円(税込)

 教室維持費・タブレット使用料・コース料金なし!

 

レッスン時間割


グループレッスン(4名前後1クラス)

 

水曜日午後クラス(13:30~15:20)

木曜日午前クラス(10:00~11:50)

木曜日午後クラス(13:30~15:20)

曜日午後クラス(13:30~15:20)

 

別日時も準備中

 

「無料体験&説明会」実施中!