ちょこっと解決!~Scratchで幽霊効果~

今回は季節にちなんで・・・

「Scratchで、幽霊(ドッキリ)・・・

 を作るお話。

 


 

急にキャラクター(幽霊)が出て来るには、

「幽霊」という効果がおすすめです。

 

スプライト(キャラクター)を

消したり表示したりするには、

「隠す」「表示する」

のブロックを使いますが、

これでは、姿が消えている

触ることができません。

 


そこで、

「色の効果を0にする」

というブロックを使い、

「色」の右にある「▽」

をクリックして、

「幽霊」を選びます。

 


「幽霊」の効果は、

「100」にすると、スプライトが消え、

「0」にすると、元通り表示されます。

 

「幽霊」効果が「100」で姿が見えなくても

「隠す」とは違って、

他のスプライトとぶつかった場合に、

「触れた」という判定が可能です。

 

「幽霊」なんて名前からしてワクワク

しますが、アイデア次第でいろいろな

使い方ができそうです♪

 

↓↓↓サンプル(下部の右矢印ボタン or パソコンの右矢印キーで操作) 

※Scratchは MITメディア・ラボのライフロング・キンダーガーテン・グループによって開発されました。詳しくは http://scratch.mit.edu をご参照ください。

「説明会(無料体験)」実施中!

子ども向け プログラミング教室(TENTO EX.枚方)

70歳以上歓迎 スマホ・タブレット教室(iPadAndroid

初心者歓迎 パソコン教室(WordExcelPowerPoint